うちの部屋のベランダ側の階下には、数台だけ駐車可能な駐車場があるが、そこは当然私有地であるべきだが、一般人が、頻繁に通行する。深夜のハイヒールの音は、非常に響くし、たまには酔っ払っての千鳥足だったり、どこの誰やねん。家主は、それを黙認しているどころか通行可能な状態に敢えてしているから我々賃借人は文句が言えないらしい。防犯的にどうなのかも心配やし、1日で、煙草の吸殻が、こんなに捨てられるのは困りものである。
IMG_0982

 通行者の9割は、ここ↓の生徒及び職員による通り抜けである。マンションに住む者も一部含まれるだろうし大卒でも内定率が悪い昨今なので、心情的にはあれだが、煙草の私有地へのポイ捨ては、喫煙エチケット以前に人間性が問われるべき行為だ。マンションの1階部分は、倉庫兼作業場的に使っているが、その管理はズサンなので、ボヤ騒ぎなどが起こる蓋然性は通行禁止としているケースに比して、かなり高くなり、他の住人の事は知らないが、真上に住む者としては非常に不安な毎日だ。
IMG_0983