今年の4月1日より改正労働契約法が施行された。
今回の改正で話題を呼んでいるのが「契約社員を5年雇ったら無期契約とすべし」という部分だが
改正のポイントは、契約社員を5年雇った場合に結ぶのはあくまで「無期契約」であることであり
5年雇ったら「正社員」にしろと義務づけている訳ではない。
「無期」も「正社員」も終身雇用という意味では一緒なのか?
いや、この違いは、福利厚生、手当の有無など相当なものである。
要するに有期契約から無期契約に転換すれば雇用主は法的に何ら拘束されない。
契約社員は、有期であれ、無期であれ、手当などは無いし昇級の規定どころか
交通費でさえ支給について就業規則には何ら明記されていないのが常である。
非正規は、正規で非ずことに変わりないので
その待遇がアップする事もまず無いと見るのが妥当である。
つまり、絵に描いた餅以下である。