今日は待ちに待った月曜日。。。んな訳は無いが、78円で食パンが買える日である。

本日の安売り対象商品である「マイブレッド」を2斤(普通は3斤買うが今週は買えない)と現金156円持参してレジに並ぶ。

しかし、レジ係125は、「196円です」と言いやがる。

「え?1斤78円ちゃうのん?」
「は?」と言って売り場へ確認に行くレジ係
普通なら、いや最低でも「お客さま申し訳ございません、只今確認して参りますので少々お待ちいただけますか?」
と、しっかりとお客に伝えてから確認行動へ移る必要がある。

レジ係125は、帰って来ると何の説明もなくレジの修正を行っている。
説明を求めるが、レジの設定が間違っていただのと言訳するだけで、本件不祥事に対する謝罪の言葉は一切無く
株式会社フレスタ(代表取締役社長 宗兼邦生)の消費者に対する基本姿勢が馬脚を晒した形。
いつもウロウロしている責任者が近くにいたら...
私の虫の居所が悪かったら...

まぁ、ラッキーなレジ係125は私の詰問をやり過ごした安堵感か156円を受け取りレジシートを私に渡す際には半笑していた。
食パン2斤だけ買うような客は私のようなナマポ予備軍だけだろうから普通は気づかずに78円の商品を98円払って買わされた消費者がこの安売り価格未設定のレジを通った場合には存在するはずだ。
家計簿なんてつけてる消費者なんぞ、僅少だろうから、この20円搾取事件は、闇に葬られる事となる。
最後に「ブログに書く」事はレジ係125には告知して、事件屋意識を抑制した。

ヤマザキ製パンの異物混入事件後に何ら言及が無くても私は、フレスタの利用をやめない。
それは他にスーパーが無いからである。三吉店の方が店員教育はかなり高いと思う(個人的な感想です)

そうそう、この「マイブレッド」というタカギベーカリー社製の安売用食パンだが、以前に少し書いたと思う「くさい食パン」であったが、最近は、その「におい」がかなり改善されており、逆にイギリスパン的に焼き入れでパリパリな食感を実現させている。まぁ、それでも安売専用なので、低いレベルでの話である事に変わり無い。
IMG_1210


(個人の感想です。)

フレスタ