不祥事

福山通運の子会社の元取締役が不正、約6億円、決算発表延期

 福山通運は2月5日、2月9日に予定していた2016年3月期第3四半期の決算発表を3月上旬に延期すると発表した。
 連結子会社であるジェイロジスティクスの元取締役(福山通運執行役員)が、下請業者との取引において水増し請求を行わせ、着服していた不正行為の事実を確認したため。
 把握しているこの不正行為による概算額は、関連業者による着服も含め約6億円だが、今後の調査によっては変動する可能性もあるとしている。
 不正行為に関して、福山通運とジェイロジスティクスと利害関係のない公認会計士と弁護士を含めた内部調査組織を設置する。
 不正行為の業績に与える影響に関する調査には相応の時間を要し、監査法人の追加的監査手続きも必要となることから、調査組織による調査報告と監査法人による四半期レビュー報告書の受領は2016年3月期第3四半期報告書の提出期限である2016年2月15日に間に合わない見込み。

 福山通運が2月5日に発表した2014年3月期第3四半期決算によると、売上高1922億2400万円(前年同期比2.9%増)、営業利益98億9000万円(0.1%増)、経常利益105億600万円(1.6%減)、当期利益63億1000万円(26.7%増)となった。
運送事業は、売上高1694億3500万円(2.5%増)、営業利益88億5400万円(6.9%増)で、新規出店を通じてネットワーク網の拡大を図るとともに、一方では荷物の選別輸送の強化に努め、運賃収受率の向上を図った。
通期は、売上高2540億円(3.1%増)、営業利益120億円(1.2%減)、経常利益125億円(8.1%減)、当期利益73億円(68.8%増)を見込んでいる。

広島信用金庫がまたまた不祥事

内部統制とコンプライアンスの崩壊(1円現金不足で残業するというのは大嘘の都市伝説だった)

不祥事1

不祥事2


これまでの不祥事の再発防止項を余すことなくコピペしてしまう危機管理能力の無さが再発を誘発する。
x

(以前起こした「浮き貸し事件」の再発防止項)

不祥事件の発生とお詫びについて~広島信用金庫

不祥事件の発生とお詫びについて                    理事長 坪井 宏

 このたび、誠に遺憾ながら、当金庫元職員による下記の不祥事件が発生いたしました。
 信用を第一とする金融機関にありながら、このような事件を発生させましたことを深く反省いたします
とともに、当金庫をご利用のお客さまをはじめ、関係する皆さま方に多大なご迷惑とご心配をおかけしま
したことを心よりお詫び申し上げます。
1.事件の概要
(1)当事者 当金庫廿日市中央支店の元職員(男性、渉外担当)
(2)内 容 当事者が、自己の資金に加え、顧客からお預りした資金を流用(横領)し、正規の貸付手続きを経ずに他の顧客への融通(浮貸し・注)を行なっていました。
(3)発覚日 平成24年10月24日
※ 顧客からの問い合わせを受け当事者に確認したところ、横領および浮貸しの事実があることを認めました。
(4)発生期間 横領 … 平成24年4月20日 ~ 平成24年10月24日および発覚時1,800万円 累計 2,420万円
  金 額  浮貸し…平成24年1月4日 ~ 平成24年10月24日
        発覚時  2,217万円  累計 3,506万円
(注)「浮貸し」とは、金融機関の役職員がその地位を利用し、自己または当該金融機関以外の第三者の利益を図るために、金銭の貸付や金銭の貸借の媒介または債務保証をすることをいいます。金融機関の信用を著しく損なう行為であり、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」(出資法)により禁止されています。

尚、同金庫は、当該元職員を刑事告訴はしない方針である。

広島信金1

広島信金2




広島信金職員、2420万円横領 懲戒解雇、理事らも減俸など
2012.12.21 02:07
 廿日市市下平良の広島信用金庫廿日市中央支店の30代の男性職員が、顧客4人から預金として預かった現金など計2420万円を横領していたことが分かり、広島信金は20日、この職員を10月31日付で懲戒解雇、理事ら13人も11月22日付で減俸5%(1カ月)などにしたと発表した。
 同信金によると、職員は渉外担当だった4月20日~10月24日、同店への預金として顧客4人から預かった現金など計2420万円を横領。また、1月4日~10月24日、支店に無断で6つの事業所などに21回にわたり延べ3506万円を貸し付けたという。
 職員は事業所などから融資を頼まれ、自分の資金と横領した金で、無利子で貸し付けを行っていた。横領した金は、すでに全額返済している。職員は「何とか事業主らの相談に応えようと思ってやった」と話しているという。

悪徳タレントを長年起用し続けた、司法書士事務所

bando1


これで、あのムカつく坂東英二の
クソCMを見る事は無くなる。

悪徳サラ金のクソCMに出演するタレントってのも
どうも気にいらんが、さも法律事務所を似非って
客集めする司法書士事務所も弁護士も多重債務者で
飽き足らず、上前ハネて商売してるんやから同じ穴の狢。


【関連記事】
 確定申告のPRを長く担当していた元プロ野球選手でタレントの板東英二(72)=名古屋市名東区=の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が名古屋国税局の税務調査を受け、2011年8月期までの7年間に総額で約7500万円の申告漏れを指摘された。うち5千万円は重加算税の対象となる所得隠し。既に修正申告し、追徴課税約2800万円を納税したという。
 関係者によると、板東はオフィスメイ社の実質的な経営者。大阪府内の番組制作会社にテレビ番組の企画を外注した際、架空の経費を上乗せして支払ったり、板東の個人的な支出を会社の経費に計上したりしていたという。会社の利益を減らすことで、法人税を減らしていた。オフィスメイ社は本紙の取材に応じていない。
 88年から国税庁の確定申告のPR役を担当し、報道陣の前で国税電子申告・納税システム「e―Tax」を使い、適切な納税を強調していた。今年から担当を外れていた。名古屋・千種税務署の一日署長を経験するなど、2007年には「国税行政に多大な貢献があった」として、名古屋国税局長から感謝状を受けた。(中日新聞)

 タレントの板東英二(72)が役員を務めていた番組企画制作会社が名古屋国税局から約5000万円の所得隠しを指摘された問題を受け、名古屋市の中部日本放送(CBC)は27日、板東出演の正月用の特別番組2本を別の番組に差し替えると発表した。
 元日午後2時半~5時45分に特番「そこが知りたい 特捜!板東リサーチ ,13お正月超特大号」を愛知、岐阜、三重県で放送する予定だった。元中日ドラゴンズ選手の板東が仕切り役を務め、中日の山本昌投手や小田幸平捕手らと世界遺産の白川郷(岐阜県)を訪ねるロケなどで構成し、収録を終えていた。1月2日午前に再放送予定だった別の2時間特番「そこが知りたい」も差し替える。
 CBC制作の「そこが知りたい」は通常、毎週月曜夜に放送しており、今後どうするかは未定としている。
 CBC総務広報部は「社会への影響の大きさやお正月番組という性格を踏まえ、放送を見合わせることにした」とコメントした。
 芸能界における板東英二の“脱税”騒動の余波は、依然として収束の気配を見せていない。
「これまでに、TBS『世界ふしぎ発見!』、名古屋テレビ『ドデスカ!』、ABC『おはよう朝日です』が板東さんの出演を見合わせて、MBS『板東英二の欲バリ市場』、MBSラジオ『板東英二のおばあちゃんと話そう』は放送を休止しました。また、CBCも『板東英二の南山マスターズ2』と『そこが知りたい特捜!板東リサーチ』の休止を決定しました。これで、彼のレギュラー番組は、ほとんどが放送休止状態になっていますね」(テレビ局関係者)
 事件発覚後、本人のブログは元旦を除いて一度も更新されておらず、また、本人のコメントもいまだ出されていない。
「それだけに、各メディアは彼のコメントを取ろうと必死になっているそうです」(週刊誌記者)
 そんな中、先日、明石家さんまが司会を務める『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)の収録があったという。
「実は、板東さんもキャスティングされていたのですが、当然キャンセルされていました。『お金にせこい人対ゆとりある人』という内容だっただけに、マズいと判断したんでしょうね(苦笑)。代役は“スター”錦野旦さんでしたね。みんな『さんまさんなら、何か触れるだろう』と思ってたみたいで、実際、さんまさんも板東さんの物まねをしたのですが、さすがにみんな笑えずカットとなりました。あのさんまさんでさえ笑いにできない今回の件は、相当深刻なものだと、あらためて考えさせられましたね。せめて、笑いにでもなれば復帰もできるんでしょうけど、このままだと、しばらくは厳しいでしょうね」(テレビ局関係者)
 “お笑い怪獣”さんまをもってしても笑いに変えられない、板東の騒動。もう二度とテレビで見ることはないかもしれない……。

 昨年末、個人事務所「オフィスメイ・ワーク」が、名古屋国税局から約7,500万円の申告漏れを指摘された板東英二。その影響で、長年レギュラーを務めている『世界ふしぎ発見!』(TBS系)などの出演を当面見合わせることが決定した。
「『ふしぎ発見』は、すでに収録済みの今月12日~2月2日までの放送分は、板東さんの出演部分を削除して放送するそうです。朝日放送も『おはよう朝日です』の出演を当面見合わせると決めたようですし、影響はかなり大きいですね。お金に執着していることは有名でしたが、まさか脱税まがいのことまでしていたとは驚きですね」(テレビ局関係者)
 その手口はというと、
「15年にわたって所得隠しのため架空外注を主導し、協力した取引先に謝礼を渡していたそうです。その手口はかなり悪質で、テレビ番組の制作を外注したように見せかけて架空請求を出させたり、倒産した会社に現金を貸したように見せかけて、回収不能として経費に計上したりしていました。何しろ、名古屋国税局も申告漏れの大半が所得隠しだと断定していますので、最悪、逮捕ということも考えられます」(全国紙社会部記者)
 そんな彼に、さらに“意外な顔”があるというのだ。
「実は、彼が風俗嬢の愛人を囲っているんじゃないかという話が、週刊誌を駆けめぐっているんです。各誌にタレコミがあったみたいで、みんな裏取りに動いているようです。そのお店や女性の名前はもちろん、かなり具体的な情報なので、今後そういった話が外に出る可能性は大ですね。実際、彼は東京と名古屋と大阪に自宅があり、奥さんは東京にいるそうですから、レギュラーが多い名古屋や大阪でそういったことがあってもおかしくないですからね」(週刊誌記者)
 レギュラー番組だけでなく、財産や家族も“ボッシュート”なんてことにならなきゃいいけど──。

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!
 年末の12月27日、元プロ野球選手でタレントの板東英二の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」が名古屋国税局から約7,500万円の申告漏れを指摘されていたことが明らかになった。
 これを受けて、板東はレギュラー出演するTBSの人気長寿番組『世界ふしぎ発見!』の出演を見合わせ、番組降板説もささやかれている。さらに、テレビ界からの追放の声も上がっているようだから、穏やかではない。筆者も、異常なまでに金銭への執着心が強い板東は、いつかカネで身を滅ぼすと思っていたが、今回の事件でその日が近づいたような気がする。
 中日ドラゴンズで投手として活躍していた頃の板東を筆者はかすかに覚えている程度だが、タレントに転向してからの大活躍ぶりは誰もが知るところだろう。バラエティ番組やクイズ番組の司会者として大活躍、一時は“テレビ界の帝王”とも呼ばれるようになった。しかし、裏の顔は財テクに精を出して、タレントの間では「銭ゲバ」と呼ばれて敬遠される向きもあった。
 板東は、財テクで一時的には財を成したが、バブル崩壊後は莫大な借金を背負った。96年には株運用をめぐる恐喝疑惑が週刊誌に報じられたほか、“ハンナン牛肉偽装事件”や“フジチク牛肉偽装事件”では、逮捕されたハンナンの浅田満氏や藤村芳治氏にタカっていた芸能人の中心人物として名前が挙がった。
 さらに、板東は社会的に批判を浴びた宗教法人「法の華三法行」の広告塔ともいわれた。
 板東は東京で仕事があると、「法の華」本部がある静岡県富士宮市に立ち寄っては、福永法源元代表から法外な“お車代”を受け取っていたとされる。それだけではなく、「法の華」の宣伝番組を自身のプロダクションで制作していた。福永はその後、詐欺罪で逮捕されるが、板東が福永から手にしていたカネは詐欺で集めていたものだった。しかし、板東は社会的責任どころか道義的責任を問われることもなく、タレント活動を続けてきたのだ。
 02年にはテレビ朝日『奇跡の扉 TVのチカラ』の初代司会を務めた。ところが、銭ゲバぶりは変わらずで、TBSの裏番組にも出演したため、『奇跡の扉』を降板。その時に板東は自らの非を認めず、業務提携している大手芸能プロのマネジャーTと一緒にテレ朝の担当プロデューサーに恐喝まがいの電話を入れたというから、開いた口が塞がらない。
 板東と親しかったテレビ関係者に聞くと、かつて板東はダブルブッキングすれすれのスケジュールをこなしながら、稼ぎまくっていたという。しかも、その中の仕事には、車代とか謝礼という名目でギャラをもらう、税金がかからない仕事も含まれていたという。税金を払いたがらない男を、国税庁はポスターに起用していたというのも笑えない話だ。板東、所得隠し発覚で、銭ゲバとしてだけではなく、タレントしての命運も尽きたかもしれない。
(文=本多圭)

防衛省が三菱電機へ248億円過払い

 大手電機メーカーの「三菱電機」が、防衛装備品の設計費用などを国に過大に請求していた問題で、防衛省は、三菱電機に対する過払いは、平成13年度から昨年度までの間で、合わせておよそ248億円に上るという調査結果を公表しました。

 この問題は、三菱電機が、防衛省から受注した地対空ミサイルの設計などについて、作業員の数や業務時間を水増しして申告し、国に過大な請求をしていたことが、ことしの初めに発覚したもので、防衛省は、三菱電機への立ち入り調査などを進めてきました。
 これについて、防衛省は21日、調査結果を公表し、三菱電機に対する過払いは、平成13年度から昨年度までの間で、合わせておよそ248億円に上るとしています。
 政府は今後、過払いの分に加えて、違約金などを三菱電機に請求することになりますが、防衛省関係者によりますと、三菱電機への請求額は、平成10年に発覚した過大請求でNECが返納したおよそ318億円を上回り、過去最高になる見込みだということです。
 防衛省は今後、事業を受注した企業に対する調査を頻繁に行うなどして、再発防止に努めたいとしています。

これは「三菱電機」と共に「防衛省」の不祥事です。
仮に「防衛省」が被害者面するのであれば、詐欺事件としての
立件が行われるでしょうが、されない。そこにキックバックがあるかないかは
調査権を行使している防衛省からは決して発表されない。

誰かがコッソリと得している訳だ。



株価ミニチャートのブログパーツ

【関連記事】
 大手電機メーカーの「三菱電機」は、防衛装備品の設計費用などを国などに過大に請求していた問題の責任を取って、山西健一郎社長の6か月分の役員報酬を全額カットするなどの処分を行う方針を固めました。
 「三菱電機」は、防衛省やJAXA=「宇宙航空研究開発機構」などから受注した防衛装備品の設計費用などを過大に請求していたことが、ことしの初めに発覚し、防衛省などが調査を進めてきました。関係者によりますと、三菱電機は、この問題の責任を取って、山西健一郎社長の6か月分の役員報酬を全額カットする処分を行う方針を固めました。
 さらに、ほかの執行役員についても報酬をカットする方向で調整を進めており、21日、「執行役員会」を開いて正式に処分の内容を決めて発表する方針です。
 「三菱電機」は、この問題で過大に請求していた費用に、違約金などを加えた合わせて700億円余りを国などに支払うことにしています。
 さらに三菱電機は、中国で産業用機械の販売が計画を下回っていることなどから、今年度の最終利益の見通しを現在の1200億円から半分程度の水準に下方修正する方向で調整を進めています。

三菱電機 JAXAに過大請求

 三菱電機が衛星の開発などを巡り、過大な請求をしていた問題で、JAXA=宇宙航空研究開発機構は21日、三菱電機に対する過払いは、およそ62億円に上るという調査結果を公表しました。
 この問題は、三菱電機が、JAXAが発注した衛星の開発費用などを過大に請求していたもので、JAXAは21日、記者会見を開いて調査結果を公表しました。
 それによりますと過払いの額は、情報収集衛星の開発などで50億円余り、宇宙輸送船「こうのとり」の開発などで11億円余りで、総額でおよそ62億円に上ります。
 これを受けてJAXAは再発防止策をまとめるとともに、理事長など幹部5人を訓告や厳重注意の処分にしました。
JAXAの加藤善一理事は「長年、不正を見抜けなかったことを深く反省し、再発防止を進めたい」と話しています。

 皆んな、同罪!


三菱電機 過大請求で処分発表

 大手電機メーカーの「三菱電機」は、防衛装備品の設計費用などを国などに過大に請求していた額が合わせて374億円に上ることを明らかにしたうえで、社長をはじめ、21人の執行役すべてを減給処分としたことを正式に発表しました。
 三菱電機は、21日、本社で記者会見を開き、国などに防衛装備品の設計費用などを過大に請求していた問題で、防衛省やJAXA=「宇宙航空研究開発機構」などへの過大な請求額が合わせて374億円となったことを明らかにしました。違約金や利子などを含めると、国などに返納する額は合わせて773億円に上るということです。
また、この問題の責任を取って、山西社長を6か月分の報酬カット、社長以外の20人の執行役すべてを1か月分の報酬カットとする処分を正式に発表しました。
 会見で山西健一郎社長は、防衛事業での過大請求が40年以上にわたって続いていたことを明らかにし、「重大な反則行為であり、自ら是正できなかったことを心よりおわびしたい」と陳謝しました。
三菱電機は、過大に請求した費用の返納に加えて、中国での産業用設備の販売不振の影響もあって、今年度の最終利益の見通しを1200億円から500億円に下方修正しました。

livedoor プロフィール
CLICK GoGo!!
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ