架空請求

法律行為の「無効」と「取消」とは?

 「無効」とは,法律行為がはじめから効力を生じないことをいう。 「取消」とは,はじめは一応有効なものとして成立している法律行為を,取消権者が取り消すことによって,はじめから無効なものとすることをいう。

法律行為の無効・取消の共通点・・・
 法律行為が無効となる,あるいは,法律行為を取り消すという場合があります。 この無効と取消は,いずれも,最終的に法律行為によって生じさせようとしていた法律効果が生じなくなるという点においては,共通している。
もっとも,無効と取消は,法的には異なる。

効果を生じないとされる時期・・・
 まず,「無効は」,法律行為がはじめから効果を生じません。 法律行為をした時から,当然に効果が無かったものであるとされるのです。
 他方,「取消」は,はじめから効果を生じないというわけではなく,最初は一応有効なものとして効果を生じていたものの,その後,取り消す権利(取消権)を持っている人(取消権者)が取り消した場合に,はじめて効力を失うということになります。
 つまり,「無効」な法律行為は最初から効果を生じないのに対し,取り消しうる法律行為は最初は一応効果を生じているという違いがあるのです。
 ただし,法律行為が取り消された場合,取り消された法律行為は,例外はありますが原則として,はじめにさかのぼって無効なものとされます(これを遡及的無効といいます。)。
 したがって,無効であっても,取消がなされた場合であっても,最終的には最初から効力を生じないということになるので,事実上は差異がなく,理論的な違いにすぎないといえるかもしれません(ただし,理論的には大きな違いを生じます。)。

主張権者・主張期間・・・
 「無効」は,誰でも主張できます。 法律行為の当事者や利害関係人に限られません。 つまり,無効は,主張権者の限定がありません。また,「無効」は,いつでも主張できます。 つまり,消滅時効とか除斥期間のような主張の期間制限がないのです。
 これに対し,「取消」は,誰もが主張できるわけではなく,法律で「取消」を主張する権利(取消権)を与えられている主張権者のみが主張することができます。
 また,取消権が消滅時効や除斥期間の経過によって権利行使できなくなると,「取消」を主張することはできなくなります。 つまり,主張の期間制限があるのです。

追認の可否・・・
 「無効」な法律行為を追認することはできません。 はじめから効果が無いのですから,当事者が有効とすることを認めたとしても,有効とすることができないのです。
 取り消しうる法律行為は,取り消されるまでは一応有効なのですから,取消権者が取消を主張しなければ有効なままです。 つまり,その法律行為を有効とするか取り消して無効とするかは取消権者が決めることができます。
 そのため,取り消しうる法律行為については,取消権者が,もう取消はしない,有効なものとして確定するとして,追認することもできるのです。

 

違法請求に対抗する為の予備知識

 「ワンクリ」「違法請求」をキーワードで検索エンジンから当Blogへ訪問してくれた方が結構多い。そんな皆さんの為に競馬や博打には関係ないが予備知識を1つご提供しましょう。違法請求業者の中には「普通郵便」で封書を郵送しながら中身の文章の表題を「訴状」として、さも裁判沙汰になっている印象をターゲットに与える為に稚拙な偽装を施すところがあるらしい。そこで「訴状」とはどういう風に送達(郵送)されるかについて以下にまとめてみました。
1.「訴状」は「管轄裁判所」からしか送られて来ない。つまり債権者からは送られることはありません。
2.「訴状」は「特別送達」という「書留郵便」で郵送されます。その料金通常1040円(訴状の枚数によっては1050円)です。(切手を確認しましょう)
3.裁判所からの封書は必ず「裁判所名」が印刷明記された専用封筒で郵送される。


 つまり、80円切手を貼った「普通郵便」や「内容証明」「簡易書留」などで郵送された文書は
「訴状」ではない!(但し、受取人が不在で局員が持ち帰った訴状を郵便局へ取りに行かなかったり、再配依頼しなかったりした場合は別の方法で送達される場合がある)
 だから、文書の表題が「告訴状」であろうが「支払命令」であろうが、それが「特別送達」以外の方法で貴方に到達した場合には何ら心配する必要は無いのである。悪質な業者の中には裁判所の封筒を偽造するところもあるらしいが「特別送達」を偽造することは基本的に不可能である。

画像は実際に訴状の送達に使用された裁判所の封筒です。(こういうのってあまり見る機会は無いでしょうね。これからも無いほうがいいに決まってますが...笑顔

少しは参考になりました?

記事評価 ランキングへ投票する 競馬予想で報酬がもらえるサイト!

続きを読む

ワンクリ違法請求にご注意を

 さて、Click Here!が主催する「国民的予想家コンテスト」への申込をする際にはフリーメールでの受付を拒絶されプロバイダメールアドレスの提出を要求されたので仕方なく、それを使用し申込(10/08)してから1ヶ月半が経過した。
 その後、プロバイダのメールアドレスに次のようなヘッダをつけたメールが届いた。

--------------------------------------------------------------抜粋開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ドキドキメルマガ          発行部数    :7,335,959 部
―――――――――――――――読者数     :2,755,090 人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─────────────────────────────────
※重複、送信先の選定には万全を期しておりますが手違いにより
重複・ご不要のご案内になってしまった場合は、深くお詫び申し上げます。
(ご不要の方は最下部のアドレスより購読解除の手続を行って下さい。)
--------------------------------------------------------------抜粋終了

 
誰か知り合いからのクリック報酬のアフリエイト用メールかと思いながらリンクをクリックし次に「年齢認証」をクリックしたところ「申込完了」というメッセージが表示された。「あっヤラレタ。これが噂のワンクリ違法請求」って奴かと気づくのにそれ程時間は掛からなかった。知り合いが、この手のメールを送ってくる事は無いしこのメルマガスタンド自体が存在しない。


ご登録ありがとうございます。
登録メールアドレス XXXXXX@XXX.XXX.co.jp
入会登録時間 2004年11月20日 10時45分05秒
IPアドレス XXX.XX.XXX.XXX
ホスト名 XXXXXX.XXXXX.com
プロバイダ  
会員ID POCN2149
当サイト利用履歴 これまでに1」回のコンテンツ読み込み履歴があります。
ご利用期間 180 日間(約6ヶ月)
ご利用料金 \25000
お振込期日  「登録日より3日以内」
 に下記の口座までお振込み下さい。
 また、支払い期限を過ぎても入金確認が出来ない場合
 規約に基づきIPアドレス、リモートホスト、アクセスログを
 プロバイダに提出しお客様のプロバイダ契約情報から
 ご自宅、勤務先等へ直接請求させて頂く可能性がございます。
 その際に当番組管理部より延滞料金30,000円、
 延滞1日に付き1,000円の損害金を加算して請求されることがあります。

 まぁ登録完了だろうが何だろうが、どうでもいいのだがこの尻の穴の小せぇやり方にムカつきながらも感心していたら本日以下のようなメールが着信した。おら、来た来た。

『ポップキャンディ』事務局です。いつもご利用頂き有難う御座います。
お支払期日の方が【本日】となっております。お忘れであれば【本日中】にお支払下さい。
お支払期日を過ぎましてもお振込の確認が取れない場合、利用規約にも御座います様に、調査費等の別途手数料を加算し、ご請求させて頂きますので、予めご了承下さい。お振込の際は必ず振込人名の欄に「お振込ID」を記入して頂きますよう申し上げております。

 検索をかけてみると世の中では結構、この手の請求にビビって金25000円也だかの金員をソソクサと振込してしまって被害者も多いらしいが、振り込む必要なんてないのでご注意を。1度振込実績を残すと「上得意客」としてリストされて貴方のメルアドが流通してしまうのでご注意ください。

架空請求関連情報諸々リンク   

記事評価 ランキングへ投票する 競馬予想で報酬がもらえるサイト!

続きを読む
livedoor プロフィール
CLICK GoGo!!
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ