政治・経済

(アベノミス)情報集め 預金保険法

当方には、全く関係ないが、ぼちぼち「預金保証」について情報集めしておく。

(引用開始:wikipedia)----
 本来、預金保険法上の保護は定額保護であり、預金保険機構設立時の1971年(昭和46年)7月は、上限が100万円であった。その後、一人あたりの預金高の上昇にあわせて1979年(昭和54年)6月に300万円、1986年(昭和61年)7月に1000万円、2001年(平成13年)にその利息も保護と上限も引き上げられた。
 しかしながら、かつて、金融政策が護送船団方式だったこともあり、預金保険が発動することはバブル崩壊後まで無かった。その後破綻する金融機関が出始めてしばらくは救済合併して、合併先にペイオフコスト内の資金援助を行うことで結果的に全額保護されていたが、大型のペイオフコストを越える金融破綻が続発し金融危機に陥り、金融システムの崩壊を防ぐため、1996年(平成8年)に付保預金の全額保護措置(俗に言う“ペイオフ凍結”)を行った。

 2002年(平成14年)4月1日以降は、1金融機関につき1預金者あたり元本1,000万円までとその利息の預金債権が預金保険法による保護の対象となった。当該金額を超える預金債権は破産や民事再生手続などの法的処理手続きにおいて定まる債権者配当率により配当されるが、債権が減殺されることがある。なおこの改正により決済制度の信用維持を図るため
(1)無利息
(2)要求払い
(3)決済サービスの提供

という3要件を満たす当座預金、決済用普通預金などの預金を「決済用預金」とし、これについては恒久措置として全額が預金保険法により保護される事となった。ただし、2005年(平成17年)3月までは利子のつく普通預金も決済用預金と見なされていたため、定期預金はペイオフ対象、普通預金はペイオフ対象外となっていた。
 そこで、2005年(平成17年)4月1日をペイオフ本格解禁と呼ぶことがある。結局預金保険機構設立以来ペイオフ本格解禁を経て2010年(平成22年)まで付保預金が全額保護されない事例は無かった。

 預金保険の対象は銀行法による銀行(信託銀行を含む)、長期信用銀行、信用金庫、信金中央金庫、信用組合、全国信用協同組合連合会、労働金庫、労働金庫連合会の日本国内本支店に開設された日本円預金債権に限られる。これらの金融機関で開設された外貨預金、投資信託などは、預金保険の対象外である(ただし、投資信託等は販売会社たる銀行が破綻しても、単なる窓口であるので破産財団には入らず、その信託されている信託銀行が破綻しても信託法により銀行本体の財産とは分別管理されているので銀行の破綻の影響そのものは受けない。
 銀行が破綻するような経済状態で投資信託の評価額が無事かどうかは別の話である)。さらに、日本国内に本店を有しない外国銀行の支店や日本国内に本店のある金融機関の海外支店も預金保険の対象外である(破綻時は、法的処理手続きにおいて定まる債権者配当率により債権が減殺されることがある)。

 なお、農業協同組合や漁業協同組合については別の制度である「農水産業協同組合貯金保険制度」で保護されている。かつて日本郵政公社及びその前身官庁が行っていた事業で郵便為替を除く郵便貯金と郵便振替については預金保険ではなく、政府保証により保護されていた。
 郵政民営化後は預金保険機構により保護されることとなった。郵政民営化までに日本郵政公社に預け入れられた定額郵便貯金等については独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構において管理され、政府による支払保証が継続される。

上限の根拠
 全額保護の上限であるところの「1,000万円」の根拠は、かつての郵便貯金における預け入れ上限である。官民格差の是正を図る観点から、政府により全額保護されていた郵便貯金並みの保証を民間金融にも適用すべきだという声を受けて、額が決められたいきさつがある。

 このため、民主党政権が郵政民営化見直しの過程で、郵便貯金事業を事実上継いだゆうちょ銀行の預け入れ限度額を引き上げようとした際には、民間側は反発し、寧ろ上限を引き下げるべきだとの主張を展開した。しかし、第22回参議院議員通常選挙実施による国会日程の都合により、法案の審議は振り出しに戻っている。
(引用終了---)

【関連リンク】

預金保険機構




麺喰撮記130116-130122 アベノミクスは只のアベノミスになる。

今日、1月22日はカレーの日らしい。だが、我関せず。
日揮 の社員の冥福を祈る。
坂東英二は「ルール」を語る資格など微塵も無い。
アベノミクスは、第3の矢を放つ方向によっては只のアベノミスになる。

飯喰撮記130116 唐揚カレー丼
IMG_1900


麺喰撮記130117 塩ラーメンとイカフライサンド
IMG_1902


麺喰撮記130118-1 鶏肉うどん
IMG_1903


飯喰撮記130118-2 鶏肉じゃが丼
IMG_1904


飯喰撮記130119 鶏肉じゃが丼一味唐辛子盛
IMG_1905


麺喰撮記130120-1 豆腐入り焼肉そば
IMG_1906


麺喰撮記130120-2 豚骨ラーメン
IMG_1907


麺喰撮記130121-2 カレーうどん飯?
IMG_1908


(アベノミス)物価を2%上げると公言しながら最低賃金を上げることも無く生活保護費を引き下げる矛盾

生活保護制度の見直しに向けた報告書がまとまった。
受給者の就労を促進する案や、不正受給に対する罰則強化などが盛り込まれている。
この報告書は、厚労相の諮問機関である社会保障審議会の特別部会がまとめたもの。
その中では、受給者の就労活動を促進する案として、積極的に就労活動に取り組む受給者に手当てを支給することや、保護費の一部を積み立て、生活保護が終了したあと受け取ることができる「就労収入積立制度」の創設を検討するとされている。
また、不正受給対策として、福祉事務所の調査権限を強化するほか、不正受給に対する罰則を、現行の基準から引き上げるなどして対応すべきとの考えが示された。
一方、増加する医療費の抑制策として焦点となっていた、一部自己負担の導入については、結論は示されなかった。

「一票の格差」とは?

「一票の格差」とは?

 衆議院、参議院などの国政選挙だけでなく、都道府県会議員の地方選挙においても、日本では、諸先進国では考えられないような、 3倍、5倍、あるいはそれ以上の格差がある。
  「 一票の格差 」 とは、一人の議員を選出するのに必要な有権者数に、 選挙区ごとに地域格差が存在するという事である。

新米入手を狙って親戚のトース(籾磨)を2度手伝って来た

10/11(木)と10/13(土)

多分、これ(↓)が籾の乾燥機で水分量の管理は、かなり厳密に行っていた。
IMG_1658


この(↑)乾燥機から、籾摺り機へと流れて来た籾米は、玄米へと脱皮する。
仕上がり具合を見ながら管理者は、機械に付きっ切りだった。
そして、仕上がった玄米は、この30キロ袋に封入し、
これをパレットに積むのが私の仕事であった。
IMG_1659


結局、新米は、精米する時間の問題もあり、本日は入手出来ずに、古米の入手で
我慢する事になり近い将来に寄贈される予定だが、それでも、十分である。

IMG_1662


プロフィール

リゲイン

CLICK GoGo!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ