世の中には2種類の人間しかいない。
それは○○と××である。
という言い回しは多種多彩で
様々な表現で独り歩きしているが
その殆どが対極関係にあり上下、主従、損得、優劣、明暗な相反する関係ばかりで、そこにはスケールメイットは存在せず、少数派が常に優位に立つという理論展開が殆どである。


世捨て人から見ると

人間は2つのタイプの人間しか存在しない。

それはカスクズである。

カスで無い人間はクズであり、クズで無い人間はカスである。

人間は、そのどちらかに分類され

カスクズを従えることもあれば

その逆も有り得るだろう。

しかし、クズを従えているのがカスである限り、その社会はカス以下である。

逆にカスを従えているのがクズである限り、その社会はクズ以下である。

カスな人間は、カスである事の自覚が無いままにカスな人生を全うするし

クズな人間は、クズである事の自覚が無いままにクズな人生を全うする。

そのようなレベルで人間社会は構築、崩壊を繰り返しているのである。

カスクズも、リサイクルの対象物として再生の可能性を秘めるが

完全型、完成型を理解し得ない我々人間にとって

リサイクルされようがされまいが、然程の違いは無い。

リサイクルされようがされまいが

クズからリサイクル形成されたものは

クズに変わりないし

カスから再生されたものは

カスに変わりない。

貴方はカスですか?クズですか?