中央競馬最終日である「有馬記念」開催日は、リーディングなどの行方なども考慮して馬券を買うことがある。今年は「0勝騎手」に注目していたのだが、その中に「菊沢隆仁」がいた。中京9Rだけに騎乗予定だった彼を狙い撃ちするつもりで木曜の出走馬予定表を見ながら決めていたのだが、実際に◎をつけたのは「菊沢隆徳」のセイワミラージュの方だった。シシャモムスメというインパクトある馬に乗るというのに何を勘違いしたのだろうか。こういう想定の場合「1着」しか意味がないので馬券は自ずと馬単や1着固定の3連単を買いやすい。結果としてシシャモムスメは前走同じコースを8番人気3着と好走したにも関わらず6番人気だった。その前走時には○をつけていたのに今回は無印。7番人気2着馬プリティプリンセスに▲、3着馬3番人気馬ゴールデンヒカリに×をつけていたから少なくとも馬単13620円、うまく行けば3連単88180円がテキチュウできたのだった。惜しい思いをしたことを、さっき後検量をしていて気づいた。同じ手法で臨んだ中山5Rで◎を打った0勝騎手天間昭一は12着に敗れ本年度0勝が確定した。
 「有馬記念」は押さえではあるが久しぶりに三連複で的中出来たが◎シルクフェイマスに騎乗した四位の手綱抑制には疑問が残る。あの手応えなら勝てたんじゃないか?なんて思うのは誰でも一緒かねぇ困った