「あなたの予想に報酬を支払います」と言う極貧馬券生活者の私には非常に魅力的なコピーに惹かれてteam-nave主催のKeibaTipRallyと言う予想大会に参加登録して全レース予想を始めて半年が経つ。この間に予想によって得た報酬は5720円相当。この数字の可否はそれぞれの価値観に依るところが大きいが私にとっては非常に歩のいい部類に入る。

 1クリック1円だとかのバーナーを自分のサイト貼付したり、サイト誘導による成約によって報酬を得る俗に言うアフィリエイトのようなこともしているが、1日の平均アクセスが300そこそこのサイトでは殆ど報酬にならないようである。やり方次第なんだろうけど、色々なサイトを見るが、なかなかテクニックを身につけることができない。

  このKTR予想も、特にスゴイ予想を提供している訳ではないし実際に1位を獲ったことは1度もない状況での数字だから、より成績が上がれば報酬もそれに伴ない上がる可能性は秘める。だが毎週毎週、全場全レースに全精力を注入するのは非常に我慢強い努力が必要である(当然連徹)。しかも、その努力に正比例して結果が出る保証はどこにもないから始末が悪い。

  だが1つのメリットとして馬券生活を始めた当初は基本的に全レース参加しなければ気がすまなかったものが意識的に「見(ケン)」できるようになったことである。不調続きの時は逆に提供した予想の抜け目や裏目を買って、いい思いをしたこともある。博打には兎角流れが重要だと言うが、流れは急激に変わるものである。それを敏感に把握する為の多指向性アンテナを常に張っておかなければならないし、過去の変化を少なくとも感覚的に覚えておくことは非常に重要だと思う。

  先週はKTR予想は過去最低順位の41位、48レース予想して回収額がたったの1860円(回収率10.3%)。実際もいいところなく、例の「国民的・・・」もノーヒットの最悪ドクロの日だった。幸いにも月末までに残り2週の開催があるが給料日には3週間もある。手持現金数千円。月の頭には再び「電気供給停止」の最終締切がやってくる。さて、どうやって凌ぐかはてな。それが問題だ。


       はぁ~ぁ...