「Winny」でファイル発信元を特定可能に ネットエージェント
IPごとのキャッシュファイルのリストなどを取得でき、違法ファイルの所持者を特定しやすいシステムを開発した。特定機関に販売する予定。ネットエージェントは5月13日、P2Pファイル共有ソフト「Winny」で、ファイルの発信元を特定できる検知システムを開発したと発表した。違法ユーザーの抽出が可能になるとしている

関連記事
「Winnyが解読できるのは分かっていた」 ~ネットエージェント社長

「Winnyの暗号化も解読」――One Point Wallに新製品

2ちゃんねる、SoftEtherもブロック――「One Point Wall」で何ができるのか?