インスタントラーメンの特許を侵害されたとして、日清食品ホールディングスは2012年12月3日、「サッポロ一番」シリーズを販売するサンヨー食品など2社に対して、製造・販売の差し止めと約2億7000万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。
日清では、縮れているラーメンをストレートにする製法の特許が「サッポロ一番」シリーズ11商品で侵害されたとしている。日清のこの製法は、自社製品では、「どん兵衛天ぷらそば」や「日清焼そばUFO」などに使われているという。サンヨー食品は、マスコミ取材に対し、訴状が届いていないのでコメントできないとしている。

【女性編】スマホでイラッとくること(よくない印象)ランキング

バッテリーの減りが早すぎ!
あると便利で楽しくて、一日中触ってしまうスマホですが、まだ技術の開..........
≪続きを読む≫