2018年10月

就労目的の学生が学生ビザで入国するのは違法である。

Học sinh không được vào nước làm việc

外国人専門


 学校教育法に基づく認可を受けた全国の専門学校のうち、外国人学生の割合が9割以上の学校が少なくとも72校に上ることが、読売新聞の調査でわかった。このうち35校は全員が外国人だった。近年、少子化で学生確保に困る学校などが留学生を集めているためとみられる。一方で専門学校は、主に日本の若者の職業教育を目的に認可を受けており、文部科学省は実態調査に乗り出す。

 こうした専門学校が、多数存在する実態が明らかになるのは初めて。大阪市の「日中文化芸術専門学校」では、定員超過でベトナム人らを入学させ、今夏、100人以上が在留資格を更新できずに退学になる問題が発覚。この学校も外国人が9割を超えていた。

 専門学校を認可する都道府県は、各校から毎年5月1日時点の外国人数の報告を受けており、5割以上になっている今年の学校数を読売新聞が都道府県に調査した。東京は集計が未完了だったが、残る46道府県から回答を得た。
外国人2

 その結果、約2400校のうち5割以上は139校。9割以上の学校は、神奈川、千葉両県の8校が最も多く、広島県は7校あった。東京は昨年、全員が外国人の学校が9校あり、今年の全国の実数はさらに多い可能性が高い。


2018年10月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

第4次安倍改造内閣

また、モリカケの繰り返しを聞かされることになるのか?

野党は、自らのブーメランを解決してから物申せ。

与党は、財務官僚のいいなりの消費増税を止めなければ

憲法改正など、画に描いた餅になる。


abe

愛と憎しみの豚 ~中国で豚から人への臓器移植~

 youtubeで聴いた武田鉄也のラジオ番組から派生した検索結果から出て来た記事は「ブタの臓器移植が秒読み段階で、来年には中国政府から許可がおりる見通し」というもので、流石に貪欲中華、金の匂いには敏感だと呆れていたが、そのライバルに米国も日本も存在しているという。
 ラジオでは、豚の内臓が人間に近いという話題から、中村安希のルポルタージュ書籍の紹介から、食肉分野での話題を2週にわたって紹介していたのだが、それを発端に検索した結果、中国や米国では移植手術の実現を目指し、遺伝子操作で、豚の内臓の無毒化によって、作り出し、そこから移植用クローン豚を増殖させる実験が行われているとされる。
 ドナーの不足は世界的な問題であり、それは人口が多い国のボリュームは中国のでは15万人以上の移植待機者がいるらしい。この国のお国柄で予測されるように、2015年までは死亡したとされる服役囚の臓器が摘出され、移植されてきたが、同年以降。服役囚の臓器移植は基本的に禁止された。これは人道的な話ではなくプレミアをつける利権の問題だと個人的には思う。
 近年、中国の医療関係者の間で、ブタなどの臓器移植研究への関心が高まりを見せている。既に、陝西省の第4軍病院や上海、北京、広東省の病院が合同で、国家プロジェクトとして研究を進めている。
 豚の臓器の人間への移植については、日本やアメリカ、欧州各国でも研究されており、これまで動物実験が繰り返されてきた。そのなかでも、中国では研究が進んでおり、ブタの角膜の人間への移植手術が行われており、成功例が報告されている。らしい。
愛と憎しみの豚 (集英社文庫)
中村 安希
集英社
2015-01-20



ネイチャー論文(キメラ)

日本も一国2制度を採用する事になるのだろうか?「獲られるな日本!!」

 
プロフィール

リゲイン

CLICK GoGo!!
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ