2009年10月

「割り箸事故・医療裁判判決報道」事案でTBSに「勧告」

(BPOサイトより)
 東京在住の勤務医らから申立てのあった「割り箸事故・医療裁判判決報道」事案について4月の委員会で協議した結果、5月の委員会から実質審理に入ることを決定した。
 申立ては、2008年2月にTBSのニュース情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』で放送された、割り箸事故を巡る判決報道の内容が、事実誤認及び捏造を含む内容で、医師としての社会的評価を低下させるものであり、名誉を侵害し、不公平な報道であると訴えてきたもの。
 これに対しTBSは、医療事件を巡る刑事判決と民事判決を比較しながら、医療機関には「最善の注意」を果たしてもらいたいとの観点から放送したもので、名誉を毀損したとの認識はないと反論している。
 委員会では、医師から提出された「申立書」とTBSから出された「回答書」をもとに検討した結果、「申立て内容」等、要件を充たしていることから、次回委員会から実質審理に入ることとした。


2009年10月30日
 放送と人権等権利に関する委員会(放送人権委員会)は10月30日、上記事案について重大な放送倫理違反があったとして、TBSにしかるべき対応措置を取ることを勧告した。

 2008年2月13日放送のTBS『みのもんたの朝ズバ!』は、1999年7月に起きた、当時4才の男児が割り箸を喉に刺して死亡した、いわゆる「割り箸事故」の民事裁判判決を取り上げた。その内容について、男児の治療を担当した勤務医とその家族から、事実誤認と捏造ともいえる放送により医師の名誉が毀損され家族も精神的苦痛を受けたとして、TBSに対し訂正・謝罪放送などを求めて本年2月、放送人権委員会に申立てがあった。
委員会では7ヶ月に及ぶ審理の結果、本件放送には放送倫理基本綱領の定めに反するなど重大な放送倫理違反があったと判断し、TBSに対し報道および論評においてより正確性、公平性の確保に留意するほか、十分な事前準備や打ち合わせ、情報の共有化などを図るよう勧告した。



続きを読む

鳩メルマガ第4号は定期配信不能...

 本日配信予定としておりました鳩山内閣メールマガジン第4号でございま
すが、国会での代表質問への対応のため、鳩山総理の原稿の準備が遅れてお
ります。大変申し訳ありません。

 明日以降、準備が整い次第配信させていただきますので、ご理解のほど宜
しくお願い申し上げます。


・・・だってさ..呆笑。

ゴーストライターなんぞは
使ってませんって
言いたいのだろう。



続きを読む

アクセスが増えるなら何でも書くブログ

・・・のような奴らたち

 覚せい剤取締法違反の罪に問われた女優、酒井法子被告(38)の初公判の模様を伝えた 26日のテレビ番組で、民放キー局で唯一、閉廷までを生放送で詳報した日本テレビの情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」第2部(午後2時55分~3時50分)の平均視聴率が、過去4週間平均を4・7ポイント上回る12・0%(関東地区)だったことが27日、ビデオリサーチの調べで分かった。第1部(午後1時55分~2時55分)は8・1%(同)だった。

 TBSは情報バラエティー番組「ひるおび!」を約1時間延長し、
「ひるおび!スペシャル酒井法子初公判」(午後1時50分~2時50分)を放送。平均視聴率は5・9%(同)だった。同番組の午後(午前11時55分~午後1時50分)は5・4%(同)。

 テレビ朝日は、午後1時までの情報番組「ワイド!スクランブル」を通常より2時間近く延ばし、「拡大スペシャル」(午後1時5分~3時)を放送。平均視聴率は6・7%(同)を記録した。同番組の第2部(正午~午後1時5分)は7・6%(同)。

 フジテレビは午後1時半からのドラマ「嵐がくれたもの」のスタートを30分間遅らせ、その間に報道特別番組「酒井法子被告注目の初公判」(午後1時半~2時)を放送。平均視聴率は5・9%(同)だった。

 NHKは通常の「スタジオパークからこんにちは」(午後1時5分~55分)で、東京地裁から届く被告関連の生ニュースも入れながら、同局解説委員が「芸能界の薬物乱用」をテーマに解説。番組平均視聴率は、過去4週間平均4・0%を1・9ポイント上回る5・9%となった。

民放各局横並びで公判実況Ch...

流石にバカメディアが

息切らせながらフゥーフゥハーと

必死でリレー実況する姿は

 呆れて絶句...

報道特別番組の冠が鳴いている..2chと変わらんがな

そんなに知りたいかえ?

台灣TVBS新聞台




large.jpg
続きを読む

鳩メルマガ第3号は言い訳特集...

「コンクリートから人へ」と題された鳩メール第3号は
 一部マスコミに評価された部分の自画自賛に始まり
試行錯誤という大義名分の下、言い訳に終始したもので
読むに堪えない内容となった。
「査定(検品)」に「仕分け」とまるで
ロジスティックニッポンと化した姿に
将来の日本像は全く見えて来ない。

登録数の伸び悩み対策は視聴率が伸び悩んだ番組の
テコ入れと同じ方策で寄稿(と言っても名義貸し)を
掲載したが..意味不明。

何らかの形で代表を辞任したオっさんの帰り咲きという名の
仲良し倶楽部は見ていても不安になってしまう。

目の前の事しか見えていない上に
目の前の事も解決出来ない政府は
新潟中越地震から5年という冥福の時も
スルーしてしまう不甲斐無さ。


新しい天下り逃れの形
x.png

livedoor プロフィール
CLICK GoGo!!
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ