2004年11月

JCを馬名で買おうと思っている方へ

JCを馬名で買おうと思っている方へ参考資料を1ネタ。JCは香港でも買えるらしいのだが、その出馬表に記載されたお馴染みの中文表記リストと過去の勝馬一覧を。

年份 冠軍馬
1994 Marvelous Crown (JPN) 美麗皇冠(日)
1995 Lando (GER) 大地(德)
1996 Singspiel (IRE) 談唱劇(愛)
1997 Pilsudski (IRE) 必得時機(愛)
1998 El Condor Pasa (USA) 神鷹(美)
1999 Special Week (JPN) 特別週(日)
2000 T.M. Opera O (JPN) 好歌劇(日)
2001 Jungle Pocket (JPN) 森林寶穴(日)
2002 Falbrav (IRE) 飛霸(愛)
2003 Tap Dance City (USA) 跳舞城(美)
ジャパンカップ出走馬・英文・中文表記リスト
Policy Maker (IRE) 決策人(愛)
Lune d'Or (FR) 金月亮(法)
Heart's Cry (JPN) 真心呼喚(日)
Narita Century (JPN) 成田世紀(日)
Phoenix Reach (IRE) 鳳凰烈焰(愛)
Magnaten (USA) 萬能泰斗(美)
Delta Blues (JPN) 密州怨曲(日)
Er Nova (JPN) 駱驊(日)
Zenno Rob Roy (JPN) 荒漠英雄(日)
Cosmo Bulk (JPN) 大宇宙 (日)
Hishi Miracle (JPN) 菱鑽奇寶(日)
Higher Game (JPN) 高級玩意(日)
Tosen Dandy (JPN) 駿公子(日)
Hookipa Wave (JPN) 浪淘沙(日)
Powerscourt (GB) 鮑華斯高(英)
Warrsan (IRE) 威信(愛)

三連単中てよう会(11/27)

京都9R 京都2歳S
3連単 05→10→08 05→10→04 の2点。
以後は、修正不能なコメント欄を利用します。
尚、お約束通り無駄な多点買いは本日も行いません。

京阪杯予想

 京阪杯は来年国際化するG3賞金別定戦である。賞金別定戦が国際化する場合のオペレーションを仮説に基づいて予想した。ここはセン馬同士の決着が予定調和とみる。馬連09-14番と、これを2頭マルチで印馬へ3連単のみ買う。

ダンゴ付出馬表はこちら→ 

(11/27)結果速報>KTR全レース予想

凝りもせずに結果速報致しますが、ご容赦ください。
先週も第24位と2週連続不調だった為にさらに見直しを敢行。巻き返しに全力でKTRレギュラー予想家としての面目躍如。

記事評価:ランキングへ投票する 競馬予想で報酬がもらえるサイト!

JCはウォーサンで獲る

2004バーデン大賞(WSRC:ポイント加算1着:12pts,2着6pts,3着4pts,4着3pts,5着2pts,6着1pt)
 さて、ランキングを見ると解るように今年の「WSRC」には2勝馬は存在しないから24Pts馬がいない。ランクトップ馬は16Ptsの2頭で、第9戦のカナダ国際を勝って、ダイヤモンドSを3着したスラマニとシンガポール航空国際Cを勝ってアーリントンMをパワーズコートの1着→4着降着により3着となったエバロのみである。
 これら2頭は「JC」へ予備登録していたが出走せず「香港C」への出走も無いとのことで、最終戦の「香港C」での戦跡如何では現在6ポイントしか加算していない個性にもシリーズチャンピオンの可能性があるという混沌とした状況だが、これは「JC」へ出走する2頭の外国産馬が無加算の場合の想定である。
 「香港C」出走馬の中でランキング上位馬は7ptsのボウマンズクロッシング(セン5/香港)と6ptsのフィールドオブオマー(セン7/豪州)、そしてエレガントファッション(牝6/香港)の3頭である。予断だが、このレースには日本からダンスインザムード(牝3)も参戦する。
 地元馬が強い印象のこのレースでは7pts馬ボウマンズクロッシングと第1戦のQE2(香港)を2着した6ptsエレガントファッションが脅威に映るが仮にこれらのどちらかが1着すると19ptsまたは18pt馬となる訳で、それでも尚、JC参戦馬がアドバンテージを取るにはウォーサンが8pts、パワーズコートが9pts必要となる。これは「JC」を2着(6pts加算)ではなく1着(12pts)しなければ自力優勝が難しいということである。
 マスコミがオブライエン調教師の来日を期待していたように「アーリントンM」で1着入線を果たしたパワーズコートへの期待は膨らむばかりだろうが、ここは敢えて褒賞金対象レースである「バーデン大賞」を1着したウォ-サンを狙ってみたい。今年の「JC」には昨年の出走馬が存在しない。昨年の1着馬タップダンスシチーは「凱旋門賞」を惨敗後、「有馬記念」への引退ルートを辿ることになっている。「凱旋門賞」には今回「JC」へ出走するウォーサンが出走していたのである。結果は9着惨敗だが、日本馬が「凱旋門賞」へ挑戦し惨敗した直近のサンプルケースは2002年のマンハッタンカフェ(13着)である。そしてマリエンバード(牡5)の制したこのレースを9着し次走に「ジャパンカップ」へやって来たのがファルブラヴ(牡4)であった。そして今年の「凱旋門賞」で9着となり「ジャパンカップ」へやって来たのがウォーサン(牡6)なのである。同じように1995年日本馬の参戦は無かったものの「凱旋門賞」9着から「ジャパンカップ」へやって来たカーリングは14頭立の14番人気で凡走したが、その同枠馬ランドがナリタブライアン、ヒシアマゾンら国内強豪を抑えて優勝している点も見逃せない。という事で「第24回ジャパンカップ」の暫定◎馬はウォーサン(牡6)とする。 

記事評価 ランキングへ投票する 競馬予想で報酬がもらえるサイト!

プロフィール

リゲイン

CLICK GoGo!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ