悪徳弁護士の日常 高齢者の4千万円横領容疑

 成年後見人として管理していた高齢者の預金口座から現金約4千万円を私的に流用したとして、警視庁は2日、東京都の元弁護士渡部直樹容疑者(48)を業務上横領容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、渡部容疑者は弁護士をしていた2011~14年、都内の90代女性の口座から現金約4千万円を横領した疑いがある。東京家裁から11年6月に女性の成年後見人に選ばれ、財産を管理していた。警視庁は、渡部容疑者が着服した現金をキャバクラなどの遊興費に充てたとみている。 渡部容疑者は成年後見人として別の高齢者の口座も管理していたが、この口座からも約5千万円がなくなっているといい、警視庁は関連を調べている。というのが報道だが、今日、判決が出たようだ。
(渡部直樹元弁護士は第一東京弁護士会所属の26138号)
 当会では、不祥事の芽を早期に摘み取るべく市民相談窓口の機能を拡大し、不祥事の根絶に向けた努力を続けているところです。特に弁護士による預り金の着服については、債務整理事件、成年後見事件及び未成年後見事件など預り金を保管する業務を行う弁護士に対する監督を強化するなど、今後も弁護士に対する市民の信頼確保のために全力で取り組んでいく所存です。2015年(平成27年)7月2日
第一東京弁護士会 会長 岡 正晶

 渡部元弁護士はキャバクラで一晩に100万円以上使うことはざらにあったように、いい思いをし尽くしており、賠償などは殆ど、されていない状態で、騙され損の被害者。つまり、捕まる事を想定していたというよくある話。元々評判も悪かったらしいが、そもそも弁護士の殆どが悪徳ですから、悪徳が悪徳を悪く言う事も少なく、そんな噂は、一般には漏れない隠匿幇助の状況ですので、選定する際には、異常なまでの慎重さが必要です。

 成年後見人制度が整備された際には、私でも、こんな事件は想定出来たが。弁護士は正しいという脆弱な一般常識が通用しない事を証左するものである。

(関連:民事)
 成年後見人として管理していた高齢者の預金を流用したとして、被害女性2人が渡部直樹元弁護士(49)に約7900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。松村徹裁判長は、被害女性の請求通り渡部元弁護士に全額の支払いを命じた。
 判決によると、渡部元弁護士は2011~14年、2人の口座から計約9千万円を引き出して横領するなどした。判決は「適正な後見事務をしているように装って後見人としての報酬を得た」と認め、一部弁償した額を差し引いた上で、受け取った報酬額などを含めて支払うよう命じた。渡部元弁護士は昨年に業務上横領罪で起訴され、公判中。
 被害女性側は、後見人を選任した家裁にも責任があるとして、国に損害賠償を求め提訴している。

ヤマト運輸㈱で顧客情報漏洩?

ヤマト運輸から8/6に、以下のような注意喚起があった。

------Start-->
平素はヤマト運輸をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

平成28年7月28日ヤマト運輸ホームページにてお知らせさせていただきました『ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メール』につきまして、重要なお知らせのため、「クロネコメンバーズWebサービス」ご登録いただいているお客さまへ配信しています。
※2016年07月14日 午前3時 現在

最近ヤマト運輸の名前を装った添付ファイル付きの不審メールが、不特定多数のお客様に断続的に送信されていますが、ヤマト運輸からは添付ファイル付きのメールをお送りすることはありません。
不審メールには、ZIP形式のファイルが添付されており、ファイルを開くとコンピューターウイルスに感染することが想定されます。絶対に添付ファイルを開かず、削除いただきますようお願いいたします。
万が一、添付ファイルを開いてしまった場合は、ウイルス対策ソフトなどでウイルスチェックを行うことをおすすめいたします。

また、不審メールには、ヤマト運輸からお送りしているメールと同じ「件名」や「差出人アドレス」が表示されている場合がありますので、くれぐれもご注意ください。
<-----END

どうやら、ヤラレタ感を強く感じる。くれぐれも添付メール開封にはご注意を。



子宮頸がんワクチン被害者連絡会が発足~激痛に苦しむ少女たち~

痛みに苦しむ少女多数…子宮頸がんワクチン被害者連絡会が発足
産経新聞2013年03月26日10時41分

 子宮頸(けい)がんワクチンの予防接種を受けた女子中高生らの一部に重い副反応が出ている問題で、東京都杉並区内の被害者家族5人や医師らが25日、千代田区永田町の星陵会館で記者会見し「全国子宮頸癌(がん)ワクチン被害者連絡会」(約50人、池田利恵事務局長)を結成を発表した。
 連絡会は同日発足。設立趣意書によると、情報の収集、共有、広報を通じて、被害拡大を防ぐ活動に取り組む。
 会見で杉並区内の母親は、一時登校できなくなり、いったんは回復に向かった中学生の娘が再び歩行困難になった近況を報告。「激しい痛みが体のあちこちに移動する症状に苦しむ少女が多数いる現実を直視してほしい。積極的な調査をすれば、共通する症状が見えるはず」と訴えた。
 別の母親も「接種部と痛む部位が異なるとして救済されない壁に直面している。定期接種化でさらに多くの子供に接種するなら、情報提供、専門家による治療など支援態勢を充実してほしい」と述べた。
 同会には北海道をのぞく26都府県から相談が寄せられている。近く町田、多摩両市議会が接種に関する意見書提出を検討している。(2014/02/19)

sa


sa1
livedoor プロフィール
CLICK GoGo!!
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ