ベトナム人6人 ビールジョッキで暴行か 乱闘の仲裁で男性重傷(東京)

 ベトナム人の男6人が、東京・新宿区の飲食店で男性を暴行し、けがさせた疑いで逮捕された。

 ベトナム人のゴ・チェン・タン容疑者(28)ら6人は2019年4月、新宿区百人町の飲食店で、ベトナム人の男性(23)をビールジョッキや、いすなどで殴るなどして、骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。
1

 ゴ容疑者は、犯行直前に、別のグループと店内で乱闘になり、被害者の男性は、店の従業員だった妻に仲裁のため呼ばれたところ、被害に遭っていた。
2

3

 警視庁は、別のグループとの傷害事件についても調べを進めている。(フジテレビ)

(NEWS)ベトナム人殺傷事件(埼玉)

 29日午後10時10分ごろ、埼玉県久喜市菖蒲町三箇(さんが)のアパート敷地内で男性2人が倒れているのを住人が見つけ、119番通報した。県警によると、2人には複数の刺し傷があり1人が死亡、もう1人も重傷という。警察官が駆けつけた際に近くにいた男性は「自分たちはベトナム人で、知人のベトナム人の男らに襲われた」などと説明したという。県警は殺人事件として捜査している。

 県警は30日夜、ベトナム人の20代の男をさいたま市北区内で確保し、事件に関係したとみて事情聴取していることを明らかにした。

 県警によると、死傷した2人は20代くらいで、アパートの部屋の外の敷地内で十数メートル離れて倒れていた。県警は身元確認を進めるとともに、死亡した男性の遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。近くにいた男性は死亡した男性を介抱していたといい、「複数人のベトナム人と部屋の中にいたら、男らが押し入ってきた」という趣旨の話をしているという。

 現場は東北自動車道の久喜インターから西に3キロ余りの住宅や田畑が混在する地域。

国交省→改正貨物自動車運送事業法の荷主関連部分を7月1日から施行

国土交通省は6月25日、トラックドライバーの働き方改革に向けた改正貨物自動車運送事業法の荷主関連部分の新制度を7月1日からスタートすると発表した。

内容としては、荷主の配慮義務を新設し、荷主がトラック運送事業者に対して法令を遵守して事業を遂行するために必要な配慮をしなければならないこととする責務規定を設ける。

また、荷主勧告制度の対象に貨物軽自動車運送事業者を追加し、荷主に対して勧告を行った場合に、その旨を公表することを法律に明記する。

<違反原因行為の例>
〇荷主の都合による長時間の荷待ち時間が恒常的に発生→過労運転防止義務違反を招く恐れ
〇適切な運行では間に合わない到着時間の指定→最校則違反を招く恐れ
〇積込み直前に貨物量を増やすように指示→過積載運行を招く恐れ

その他、2023年度末までの時限措置として、違反原因行為(トラック運送事業者の法令違反の原因となるおそれのある行為)の疑いがある荷主に対する国土交通大臣による働きかけ等の規定を新設。

<公正取引委員会への通知>
働きかけ
荷主が違反原因行為を
していることを疑う
相当な理由がある場合
要請     →
 要請してもなお
改善されない場合
勧告・公表  → 独占禁止法違反の疑いがある場合は公正取引委員会への通知

荷主が違反原因行為をしていることを疑う相当な理由がある場合には「要請」や「勧告・公表」を実施。荷主のトラック運送事業者に対する行為が独占禁止法違反の疑いがある場合は、公正取引委員会に通知する。

(出所)LNEWS
プロフィール

リゲイン

CLICK GoGo!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
福山通運株価チャート

株価ミニチャートのブログパーツ
株価ミニチャートのブログパーツ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

J-CASTニュース
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ